管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. (株)ダイリン ニートルンルン社長の亦野正雄には打撃やったろうじゃん!(30)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


こういう歌が

 投稿者:芋田治虫  投稿日:2019年12月30日(月)16時22分48秒
  こういう歌が流行ったら、世界最悪の差別大国であり、いじめ大国であり、児童虐待大国であり、少年犯罪大国である、社会的弱者や普通の人たちには、地獄そのものになるのではなく、こういう歌を学校の音楽の授業に採用しないから、日本はおかしな国になった。
ワルトハイム万歳。

ナチスっぽいのは違う(教材用バージョン)
(ジークハイル・ヴィクトーリアhttps://youtu.be/guZgTrfVKYcの替え歌 )

ナチスっぽいものは
違う 違う 違う
ナチスや 同じものとは
違う 違う 違う
ナチスっぽいものそれらを
それらを それらを
ナチスだ ナチスだ それこそが
ナチスと 同じだから


ナチスは全員悪いの?
違う  違う  違う
末裔  民兵(国民突撃隊のこと)  ユーゲント(ヒトラーユーゲントのこと)は
無罪  無罪  無罪
被害者なんだ彼らは
彼らも  彼らも
全員  全員 悪いとは
ナチスと 同じだから


悪いものも怪しいものも
全部 全部 全部
怪しいのでも完全に
なくす なくす なくす
怪しいものや不思議な
不思議な 不思議な
それらも そられも なくすことは
ナチスより  危ないこと


ナチスっぽいものも 安全
平気  平気  平気
それらを危ないという奴らこそ
怖い 怖い 怖い
ナチスっぽいものそれらを
それらを それらを
ナチスだ ナチスだ それこそが
ナチスと 同じだから
 

(無題)

 投稿者:鉛筆  投稿日:2019年 1月 5日(土)22時33分42秒
  天気の影響受けるって、どうしようもないっていうか、、
大変ですね('・ω・')
事故も大変でしたね、、

ケガとかないですか?
辛いことばかり起きて、辛かったですね。。

ゆめさんは人情味のある心を持ってそうだから
その分、感受性豊かな人なんかなって感じします(T_T)(# ゚Д゚)(^_^)

きっといい1年になりますよ~!
わたしも辛いことも嬉しいこともあったけど、楽しい1年でした(^_^)
今年も楽しい1年になるといいな!

子どもなのに書いちゃってごめんなさい!!!!!





 

お・ひ・さ・・・・です。

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年12月29日(土)20時59分11秒
編集済
  ほんとうにホンとーにお久しぶりです。
書き込みに来たかったのですが・・・

稲刈りのあと、目が回るほど忙しく・・・

えっ、何がそんなの忙しいのって??


今年の9月は雨ばかりで秋冬野菜の事が全然出来ず、10月の初旬から次々と種蒔いたり苗植えたり頑張ったんよなーーー。
10月は全然雨も降らず、気温も上がり汗ばむ日もあって、野菜君達はどんどん成長していきました。
11月頃から我が家の畑の野菜君達は、大きくなってその収穫に追われていました。

畑にいるか孫の守しているか、あかねに行っているか・・・・・

一つしかない身体をフル回転させながら超特急の様に動いていました(^o^)

今度は同居している義母が入院、それからは義父の三度の食事を作り、これまたフル回転。

色んな事を考えていたのかな?身体が悲鳴をあげて疲れていたのかな

信号待ちをしていたところ、前の車に追突してしまい、100%私が悪いという事故をしてしまったのです。

義母が退院して、今までの元気はなくなり、その日から義父・義母の三度の食事は、上げ膳据え膳をしています。
昭和の嫁なのかな・・・えへへへ、、、、

もうすぐ、次の時代の平成が終わろうとしているのにね。

義母が今までの様に元気に動けなくなって、義母の作っていた野菜の世話もしないといけないので
今、ひとりで一反近くの野菜を収穫したり、それを毎日直売所に持っていっているので、これまた忙しい、、、、。

今年は、暖冬なので野菜が豊作です。
去年は、野菜が高かったのでお正月、鍋物するのにも野菜が高すぎて買えなーい、、とよく聞いていましたが、今年は安いから沢山野菜食べられますね。

生産者は高い方がありがたいですが、そうすると、野菜が高くて買えないわと主婦のみなさんが泣く。
今年は沢山生産出来ているので単価が安いので農家は泣いています。

どちらも辛いですね。


我が家はレタス農家なので、単価が安かったら、これはこれで我が家の生活が成り立っていきません(-_-)

これはこれで悲しいです・・・・

って、何を書いているのか、、^^;

愚痴いってお聞き苦しかったですね。   すみません(>_<)

来年こそは良い年になったらいいなぁ(*^_^*)
ここに来てくれた幻のみなさま、、、よいお年をねーーーー(*^_^*)(*^_^*)
 

ゆめさん

 投稿者:結構排他的な社会で生きる我々  投稿日:2018年10月28日(日)16時17分7秒
  分かりますよ。
子どもゴコロを持ってる性格のいい成人もいれば自分のことを棚に上げて他人の批判をする成人もどの環境にでもいますよね。
性格も違うし気質も違うしひとりひとりわずかでも違いがありますよね。
みんながみんな完全一致してたらクローンなんじゃないかと思います。
自分の考えや価値観に同意しないからと言って批判する人もいますけど筋違いだと思います。
大前研一さんの考える技術という本に日本人の同質性について書いてあるのでおすすめです。
自分を褒めるのも大事ですよね。
自分のものさしと他人のものさしが必ずしも同じではないですよね。分かります。
自分と他人の価値観や考えが合うこともあるし合わないこともありますね。
合わなくてもお互いを尊重できたらなあと周りの人達を見て昔からずっと思ってきました。
ゆめさんのおすすめのドラマを紹介してくださりありがとうございました。

みんなそれぞれ幸せに人生を満喫しましょう。
 

こんばんは。

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年10月28日(日)00時13分54秒
  やっと、稲刈りも終わり木曜日には10日ぶりにあかねに行きました。

今までは農繁期だけが忙しかったのですが、この頃は自分の畑もしているので、冬野菜が随分と大きくなり、今は間引き作業に追われています。
それと、10月になってお天気続いて、昼間は汗ばむ感じで草も一緒に大きくなっているので草抜きもしないといけません(>_<)

いっつも忙しいゆめおばさんです(^o^)


★精神年齢に差があるんだろうと成人達を見て思います。

精神年齢に差・・・・・か??

それはそうかもわかりませんね。

私は3人の我が子を見ていると、精神年齢に差、、、というよりか、その時、その時の子でも達を育てていた環境とかも関係していると思います。

3人とも同じ親から産まれ性格も全然違っていますよね。

ここでも、「みんな違ってみんないい・・・」ですね。



今・・・・・

この時間が自分を取り戻す時間のようです。   私の場合(*^_^*)
この間までは、ここに座るとウトウト、、、と、居眠りが、、、。
目が覚めると深夜で、それからお布団敷いて寝ていました。

朝は、明るくなったら目が覚める、、本当に年寄りになってしまった感じです。
何年か前、夜勤をしていた頃の事を考えると、今は、夜寝て朝起きるという生活をしているので、それだけでも幸せです。
睡眠時間が足りているので昼眠たくならないし、以前の生活を考えるとよくしていたなーーーと自分を褒めたくなります。

そうそう、この自分を褒めるって大切ですよね。

この頃の私は、テレビっ子(もう、子ではありませんね。。えへへへ・・・)になり、ドラマばかり観ています。
今、はまっているドラマの中に、「僕らは奇跡でできている」というのがあります。
これを観ていると、癒されるんですよーーー。

それこそ、「みんな違ってみんないい。」「みんなと一緒じゃなくていい。」


「ふつう・常識・当たり前」
あなたは、そんな目に見えない  “ものさし”に縛られていませんか?
ついつい自分を他人と比べてしまうすべての人に送るという楽しく、ちょっと色んな事考えさせられるドラマです。

火曜日9時からです。 私毎週楽しみにしています。
ちょっとみてみてねーーーー(*^_^*)

ではでは~~~

 

ゆめさん

 投稿者:結構排他的な社会で生きる我々  投稿日:2018年10月22日(月)23時34分10秒
  忙しいですね。
お互い風邪を引かないように元気でいましょう。

自分が渦中にいる頃はそうじゃなくても時が経てば冷静に見れてる話も分かります。
渦の外から客観的に見れるんですよね。

大人になっても子どもの社会と大差ないことがどの環境にいても見えますけど同じ人間でどうしてこんなに精神年齢に差があるんだろうと成人達を見て思います。

 

こんばんは~

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年10月22日(月)00時21分25秒
編集済
  なかなかここにやって来れませんねー(>_<)

あははーーーー、そうですか??
私、いろんなお話を沢山したのですね。
みんなからも、よく言われます。
いつの間にか?    よくしゃべるおばさんに成長したみたいです(>_<)

ほんと、穏やかな毎日を過ごしたいのは山々なのですが・・・
なかなかそうはいきませんねーー。



この頃は、とても忙しいです。
もしかして1年で一番忙しい時期かもです。

今まではお米だけの農繁期で、5月、6月、10月が田植え。稲刈り・・・と忙しい時期だったのですが、5年ほど前から、長男、お嫁ちゃん、長女、そして、長男の友達の4人でレタス農家になったため、8月お盆明けからレタスの苗を作り始め、あれから2ヶ月、我が家のレタス畑では、グリーンリーフ、サニーレタス、玉レタス等々が赤やグリーンに畑をきれいに彩っています。

その出荷が先日から始まり、稲刈りにレタスの出荷、レタスの苗を畑に植え付ける作業が重なって大忙しの我が家です。

あかねももう一週間もお休みさせてもらっています。

たいてい、この忙しさは、来年のゴールデンウィーク頃まで続きます。

この夏は、西日本豪雨、その後は台風続きで我が家の野菜君達も大変なことになりましたが、
また、冬は冬で雪が降ったり、大風が吹いたり・・・・
また、自然との闘いがやってきます。

本当に生きていくって、、、生活していくって、、山あり谷ありで・・・
のんびり生活出来る方が少ないですね。(あっ、これ我が家の場合です(^^))

子どもたちが忙しいので、私は孫たちを見たり、家のことしたり、そして、私の畑のことしたり、直売所に野菜の出荷したり、、、と、もう、身体が一つでは足りません(>_<)


野菜は何も言いませんが、孫達は今ココロが育っているので、ひとつひとつに色んな事聞いてきたり、思うようにならなかったら感情的になったり、ケンカをしてみたり、すぐ謝って仲良くなってみたり、とっても忙しいです。

ココロの移り変わりも、超スピードで動いてみたり、ゆっくり動いたり・・・・

自分の子育てで失敗していたところを?色々感じながら孫と接しています。

復習子育てというのでしょぅか??(^o^)

自分の子どもを育てているときは、ただただ一生懸命で見えなかったことも、孫たちを育てていると冷静に見ることが出来ます。

自分の子どもはこうやってきたんだなーーーー
だから、子どもがこういう風に返して親子ケンカになっていたなーーーーって。。

まだまだこんなところでも学習させてもらっています。

それからこれは現実問題。
だんだんと体力の限界も感じている自分も発見しています(>_<)



 

ゆめさん

 投稿者:結構排他的な社会で生きる我々  投稿日:2018年10月18日(木)23時01分50秒
  頑張ってる話明るい笑顔亡くなったご主人の話もよくお聞きしていました。

ゆめさんが穏やかに過ごせますように☆

捉え方や価値観も人それぞれですね。

他人と自分を比べたり他人と自分を分けて捉えたりしますけど結局は自分の人生だから他人のことも考えて自分の人生後悔しないように生きたいですね。

 

こんばんはぁ~

 投稿者:ゆめ  投稿日:2018年10月18日(木)00時59分53秒
  あらあら・・・

あかねに来ていた仲間だったのですね(*^_^*)

本当の事は自分しかわからない。


たいてい本当の事は見えないのかもわかりませんね??
見えてしまうと不安になったりして、色んな事がわからないから葛藤したり、悩んだりで自分が成長していくのかも・・・・



我が家は火曜日から稲刈りが始まり、あかねを休ませてもらっています。
9月は雨ばかり続き、二日ほど太陽が覗くと3日目には雨、雨、雨・・・・
10月になってやっと秋晴れになりホッとしています。

稲刈りも順調にいき、お米の出荷まで済むのが10日間ぐらいで終わってくれればいいと思っていたのですが、今日稲刈り中にコンバインのキャタピラ(戦車のようにゴムで前に進んで行くもの。車でいうとタイヤの役目をしているもの。)が切れてしまい大変なことになりました。

やはり使いすぎると消耗品なので壊れてしまうんですね。

10年以上も頑張って田んぼを走り回ったんだから壊れることもありますよね。

人だって動きすぎると疲れますものね。
機械は壊れてしまって動かなくなると仕方なく直しますものね。

人は動けなくなるまで、まだまだ頑張ってしまうところがあって、、、


えっ、、私何が言いたいんだ??     へんな私(^o^)

あっ、、独り言ですので気にしないでくださいね。

今から35年ほど前に、農業など知らなかった私が、お米作りをしている農家の長男に嫁いで来ました(^_^)v

何年か経って、子どもが順番に不登校、引きこもりを経験した頃より、お米作りは人作りに似ているなぁと感じ出しました。

たとえば、いつだったかな・・・
夫と一緒に12月の寒い日二人で初めて麦を蒔きました。

何ヶ月か経って、隣の田んぼはもう青々しているのに、我が家の田んぼは所々しか青くなっていない。
よく見たら、よその田んぼはトラクターで土を細かく耕運しているけど、我が家の田んぼは、岩の様な砕かれていない大きな土がゴロゴロしていて、その岩の様な大きな土を取ってみると、そこにはちっちゃな麦が一生懸命生えて太陽に向かって伸びようとしていました。
そのゴロゴロ土が邪魔をしていたようです(>_<)

その時、夫と話しました。

「お父さん、お父さん、見てみて、、このゴロゴロした土の下から一生懸命に麦が大きくなりかけているのにこの土が邪魔してる。このゴロゴロの邪魔している土は私らみたいじゃなぁ、一生懸命伸びようとしているのが子どもじゃぁ・・・・

そりゃあ、こんな大きなのが邪魔したら伸びようと思っても伸びんわなぁーーー

うちの子どもたちも、私らが邪魔しとんかもねーーー」

田んぼの中の大きなゴロゴロした土を全部取ることは出来なかったけど、いくらか取り除いてやると、何日か経つとそこから元気な麦が太陽に向かってどんどん成長していきました。

それを見て私たち夫婦は、岩の様な大きな存在である私たちも子どもたちが自分の力で成長していけるように邪魔をしないようにできたらいいね・・・・と話をしたように思います。

農業から学んだことまだまだいっぱいあるので、また独り言の様に書いていけたらいいな(*^_^*)

天国の夫を思い出しながら書いてみました(^o^)

亡き夫も今年の8月で7回忌を迎えました。過ぎてみると早いです、あっという間ですね。
今頃天国で見守ってくれているんだろうなーーー


ではでは・・・・
 

ゆめさん

 投稿者:結構排他的な社会で生きる我々  投稿日:2018年10月16日(火)23時31分58秒
  人間もどれが本当でどれが嘘なのか分かりませんね。
本当のことは自分にしか分からないのかもしれません。

頑張ってる話を聞くと元気をもらったりほっとしますよね。
我々も昔あかねで同じように個性的で学校に行ってない人やその家族と話せて楽しかったです。

20年30年先に自分も昔そうだったよと懐かしむときが来るのかもしれないし来ないのかもしれません☆

 

/252