投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 今日のおさかな。(275)
  2. 覚え書き(90)
  3. 読みたい本メモ(2)
  4. 本日の大丈夫。(19)
  5. 白いアイディア箱。(12)
  6. 3つの幸せノート(1)(0)
  7. 観たい映画メモ(5)
  8. 飲み日記。(15)
  9. 睡眠日記。(10)
スレッド一覧(全9)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お疲れ様です(^ ^)

 投稿者:KOU  投稿日:2018年11月11日(日)20時34分57秒
返信・引用
  また明日から一週間。
どうも最近出張が多くてバタバタしていますが、今から銭湯行って、明日からに備えてしっかり湯に浸かってこようかと。

何事も一足飛びには上手くいかないので、ゆっくりでも進んで行けたらと思います。

サマーウォーズは録画した奴を、部屋のBGM代わりによく流してます。
ただ、今日はたまたま、君の名は を流してました。
大体は最初は見ずに、途中からちゃんと見ようとなります。まぁほぼ泣きますが。

ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫、トトロの録画は常にキープ。
結構前に録画したバケモノの子は、まだ見てません(^^;
 

お疲れ様です!

 投稿者:みか2号  投稿日:2018年11月11日(日)17時41分20秒
返信・引用
  この土日は、いい天気でしたね~

麻雀を見習ってみましょうということで、診断書を書いてもらいました。
いまの膠着状態の根本にどんな執着があって、それを捨てられるかどうか、
逆に捨てずに是が非でも保持するものは何なのか、この2つを突き詰められたら、
行動を起こせる、ということですね。

サマーウォーズいいですよね。再放送があるたびに必ず観ています。(^^)
 

将棋より麻雀が良い事もあるそうです。

 投稿者:KOU  投稿日:2018年11月 4日(日)21時55分7秒
返信・引用
  心身とも大きく回復  という基礎が固まっているなら、時間を置くのも良い方法かも知れません。

将棋は自分の番が回って来れば、自分が一手必ず指さねばなりません。でも、麻雀は上がれそうになければ、その局は降りつつ、周囲の状況を伺いながら、守る、かわす、反撃するなど方向転換が可能です。

自分の都合の良いルールに状況を切り替える、その準備をするという手もあります。

将棋なら将棋盤ごとひっくり返す。麻雀なら積み込む。完全に違う花札を提案する、など。
ルール違反をするというより、得意とか良い状況への方向転換。サマーウォーズがそうでした。

書いてたら、おばあさんの遺言を思い出しました。
明日の朝食をしっかり食べて、落ち着いて、見渡して、次を考えてみますか。
すいません。結局自分の事を考えてますわ(^^;;
 

時間を味方に、ゆっくり着実にやりますわ。

 投稿者:みか2号  投稿日:2018年11月 4日(日)15時13分46秒
返信・引用 編集済
  そうなんですよね、弁護士という法律の専門家となると、大仰な感じになってしまう。
こないだのハラスメント相談のときだって、会社が勝手に弁護士マターにしたので、
相談した本人であるわたしだって実はビックリしましたから。

たぶん、ハラスメントした本人、それを庇って本部に対してもみ消したクソ部長、
クソ部長の箝口令に従い証言を堂々と偽った者たちは、わたし以上に仰天したでしょう(笑)

行政書士はまだ気軽かもしれませんね。と言いつつも、相談窓口など、
どこ行けばいいのか分かりませんが、考えてみたら、
ハロワや労基署の窓口に行政書士の資格を持っている人がいる、みたいな感じなのかも。

いま現在のところは、少なくとも専門家に相談する方向って難しいかもしれないですね。
民間資格であるキャリアコンサルタント、キャリアカウンセラーというのも、
まだまだこれから増やす段階で話にならないし、
相談を想定している対象者が若者限定っぽいし(笑)

土木建設業界で、ゼネコンではなく建設コンサルタントで、
それなのに設計ではなく、自然環境ではなく生活環境分野で、
薬学部からの転身で、わたしくらいの女性となると、珍種すぎて相談される方が困るかも。

自分の人生に関わることですから、仕方ないのかもしれません。いつものことですが。

ただ、心身は大きく回復したというのにファイトがいっこうに湧いてきません。
全くわたしらしくもない。あるいは、何か大きな変化が起きているようです。
このまま停滞・衰退・消滅の恐怖がある一方で、そうではなく転機だという感覚もあります。

少なくとも何が起きているのか分かるまで、
ちょっと時間に頼ってみるのも良しかな、と考えています。
少しペースを落として、のんびりしてみようと思っています。
「これまでよくやってきたね、自分!」で、シンプルに納得できていくかもしれませんので。

我ながら、だいぶ頭が冷えましたね。それだけでも良い兆候かな。ほめて下さい(^o^)
 

いえいえ

 投稿者:KOU  投稿日:2018年10月29日(月)18時54分0秒
返信・引用
  なかなかお役に立てる事も無いので(^^;;

相談先ですね、、なかなか良いところが分かりません。
有名なところは、何となく胡散臭いし。
弁護士まで行けば、既に戦闘態勢みたいだし。
どこが適当なのでしょうか。

会社の関係で、大阪法曹界の重鎮とされているであろう方と、一緒に数度飲んだ事はありますが、その時3人だったにせよ、おまけであった自分の事など、あの方の記憶にはカケラも無いでしょう。
それにそういう方の請求単価は全く分かりません。

その方では無いですが、酒席で気が合いそうな弁護士さんが居て、とある方に頼んで正式に紹介を依頼したら、その人から『あの人は金にがめついからやめたほうがいい』と言われました。
はっきりものを言う人は、依頼人にも、はっきり請求されるようで(^^;;

相談はしたものの、幸い結果として、私生活では弁護士にお世話になる機会は無いので助かっていますが、本当にいざという時には、一体誰を頼ったらいいのやら、頭が痛いです。
 

そんなことよりも、

 投稿者:みか2号  投稿日:2018年10月28日(日)20時47分56秒
返信・引用
  kouさんには、ご心配かけております。m(_ _)m
いつも気にかけて頂いて有難うございます。
 

ね~(笑)

 投稿者:みか2号  投稿日:2018年10月28日(日)19時07分0秒
返信・引用
  こういう状態に陥ったとき、相談する先って、
世の中にあるもんなんでしょうかね~

産業カウンセラーとか、キャリアカウンセラーとか、
キャリアコンサルタントとか、
はたまた労働基準監督署の相談員とか、

ちょっと見当が付かんのですよね。
調べてみようと思います。
調べてもイマイチわからんかったら、片端から当たってみたらいいですしね。

また何か経過をここで書けるかもしれません(^^)
 

何度目かになります

 投稿者:KOU  投稿日:2018年10月28日(日)18時08分8秒
返信・引用
  回数は忘れましたが、書いては消してを繰り返して、今回は投稿しようかと思いました。

ウチの会社でも時々問題は勃発しますが、やはりそれらは、現場に赴き、現場で話を聞かないと分からない事が多いです。

現状何らか方向性を決めなければならない様子ですが、自分としては、これは勝手な思いだけでは書けないな と。
自分の体験から、そこまでの状況になった事が無く、そこだけ考えたら、単に自分にツキがあっただけなのかも知れません。

何とか少しでも良い方向に向かわれるよう、祈っております。
 

お疲れ様です。

 投稿者:みか2号  投稿日:2018年10月23日(火)18時04分53秒
返信・引用
  タイムリーなことに、というか、
ここでの流れがごく普通で一般的なものである証かと思いますが、
就業規則に「ハラスメントを助長するような言動を厳に慎むこと。」と追加されました。
評価者への教育の、ひとつの形なのでしょうね。

良い流れであることは確かだけど、余計に疲れ、失望しました。
いままで耐えて頑張ってきたことって、何だったんだろう。

12日(金)の弁護士面談では、会社が契約している弁護士さんに、
環境を変える(転職する、異動を願い出る)を勧められました。

会社側としては面倒を起こす社員は排除したいところでしょう。
ここは出来るだけ、冷静になっておきたいと思います。
 

単純に

 投稿者:KOU  投稿日:2018年10月15日(月)21時35分8秒
返信・引用
  yahooのトップから360°評価を検索すると、以下のホームページが一番上に来ます。
だからその内容がすべて正しいとは言いませんが(実際最後は商品の宣伝だし)、
メリット・デメリットと運用方法まで書いてあります。

評価者の教育無くしては成り立たないシステムです。
いや他の方法でも、査定者(上司)の教育は不可欠だと思います。

というか、世の中に査定や評価の本が溢れているのは、それだけ皆が悩みながらも、
なかなか良い解決方法が見つからないのだと思います。
腹痛なら大概の大人は正露丸3個で治る。そういうのが評価や査定で無いのかと。

迷ったら原点に帰れという。では社員の原点は何か。
間違いない一つには就業規則がある。そこに示されている内容に、自分が合致しているか。

それは社員としての一側面を査定できても、成績の査定までは含まれていないかと。
なんの結論もない話ですが、自分の組織に見合ったものを模索し続けることにも意味はあると思っています。

https://www.hrm-service.net/column/article01/

 

/269