teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/46 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

10月2日以降

 投稿者:K.J生  投稿日:2009年11月14日(土)18時27分25秒
  通報 返信・引用 編集済
  に読んだ本
「丸亀日記」藤原新也 朝日文庫                                         ☆☆
「食の地平線」玉村豊男 中公新書                                       ☆☆☆
「寂しい狩人」宮部みゆき 新潮文庫☆☆
「あっと驚く!「高給」「薄給」の真実 宝島社編集部 宝島SUGOI文庫 ☆☆
「りんごの涙」俵万智 文春文庫                                         ☆
「騙される人 騙されない人」 安西郁郎 かもがわ出版                   ☆☆☆☆☆
「おじいちゃんの北海道中記」 金子隆一 文芸社                         ☆☆
「おまえの不幸には訳がある」ビートたけし 新潮文庫                     ☆☆☆
「タタタタ旅の素」 阿川佐和子 文春文庫                               ☆☆☆
「 ニューヨークのとけない魔法」文春文庫                                ☆☆
「イギリス人はしたたか」阿川佐和子 文春文庫                           ☆☆☆
「バンコクの妻と娘」 創文庫                                           ☆☆☆
「魅惑の車窓地を這う旅へ」岳真也 心交社                               ☆☆
「水のうつわ」伊集院静 幻冬社文庫                                     ☆☆
「病む人、癒せぬ人」永井 明 朝日文庫                                 ☆☆☆
「東京ゴミ袋」瀬戸山 玄 ちくま文庫                                   ☆☆☆☆
「米の島」                                                             ☆☆
「田園に暮らす」鶴田 静 文春文庫PLUS                             ☆☆☆
「辺境・近境 写真編」松村英三 村上春樹 新潮文庫                     ☆☆
「放射線医療」筑摩新書                                                 ☆☆☆
「悪口の技術」ビートたけし 新潮文庫                                   ☆☆☆
「添乗員騒動記」岡崎大五 旅行人                                       ☆☆☆
「手のひらの中のアジア」山本 弘 Amebabook                   ☆☆☆
「ワイルド・ソウル 上・下」 垣根涼介 幻冬社文庫                     ☆☆☆☆
「海商岩橋万造の生涯」津本 陽 中公文庫                               ☆☆☆☆
「晩年の研究」保坂正康 講談社文庫                                     ☆☆☆
「浮浪者からホテル王になった男」東西寺春秋 ぶんか社文庫               ☆☆☆☆
「旅猫」 新美敬子 講談社文庫                                        ☆☆
「料理に生き 山で暮らす幸せ」山本麗子 講談社α文庫                    ☆☆☆☆
「科学捜査の現場」須藤武雄 講談社α文庫                                ☆☆☆
「妻達の思秋期」斉藤茂男 講談社α文庫                                  ☆☆
「旅券の無い旅」胡桃沢耕史 講談社文庫                                 ☆☆☆☆
「チベットはお好き?」後藤ふたば 山と渓谷社                           ☆☆☆☆

 この中で「騙される人 騙されない人」は興味を持って読んだ。うそではノストラダムスの予言のは量としては最たるもの。あれは予言などではなく難解な詩を勝手に解釈して一儲けしようとただけ。五島勉しは今何をしているか。UFO、コックリさん、ダウジング、宜保愛子、電波白装束集団など、常識以前の事が信じられてしまうのはテレビ局の責任もあるだろう。そういった事を防ぐためにも正しい科学教育は必要だ。それでも振り込め詐欺、霊感商法に騙される人はあとをたたない。もっともこの本を読むような人たちは消して騙されないだろうと思うが。一読の要あり。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/46 《前のページ | 次のページ》
/46