teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


浮世の波に・・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2016年 3月16日(水)06時17分41秒
編集済
  浮世の波に飲まれて、心霊活動の方は怠けておりました。
・・・と、言うよりは心霊のお話を必要とする人(このURLの訪問者&紹介からの)が少なくなってきている=困っている人が、少なくとも私の身の回りにはいらっしゃらなくなっているということでしょう。

一方、昨秋から私の後継者候補の方が現れまして現在、その方は修行中です。
中々、瞑想域に入り込めず苦労しているようでようですが、成就の折には、又新しい活動が始まるものと期待しております。

それに伴い、20年近く慣れ親しんでおりましたメールアドレスも変更したいと思います。
今後、もし私のアドレスが必要と予測?される方は今のうちにご一報頂ければ幸いです。

今月末には数名の方を対処に妙高の家で「心霊教室」の「駆け足版」を開催の予定です。
どうぞ、うららかな春をお過ごし下さい。
 
 

年頭に・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2016年 1月 1日(金)08時25分58秒
  皆様 新年、明けましておめでとうございます。
平成28年元旦・・・粉雪が舞い散る中を妙高市で迎えました。
今年は就農10年の私にとっては記念すべきトシを迎えます。
「お米を買うお金がないから」という冗談を交えての矢代米作りも生産のノウハウを体得し毎年の楽しみとなっておりますが加えて昨年末には日頃、生産した農産物を販売させて頂いている地元の道の駅からの依頼で「年越し手打ちそば」の実演販売を行いました。

対面販売を通じて「商売」というものを垣間見た感が致しましたが、このことは、昨今、話題になっている六次産業化の体験として大変勉強になりました。
今年は首都直下地震や一般的な非常食として色々な農産物の「粉末化」を考えております。
これは高齢者の増加や抵抗力の小さい乳幼児向けの無農薬の栄養源としての位置づけです。
又、地元の名産品の一つとして自宅の山林で採取した胡桃の中に永久磁石を仕掛けた指の運動器具(右左脳の活性化とボケ防止に効果)を試作しつつあります。

昨年のこの投稿欄に記載させていただきました「シェアハウス」の構想も地元の親しい方が拙宅の近くに豪邸?を購入したことにより第一歩を踏み出しました。
ゆくゆくは独居のお年寄りが寄り添って過ごすことが出来るようになることを実感しております。
生計の元であるシルバーの仕事は繁忙期には一日1万2000歩を超える事が当たり前のハードな仕事ですが未来の夢に支えられて今年も元気に頑張りたいと思っております。
皆様にも、より良い年となりますようお祈りいたします。
 

近況報告・・・7/22

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 7月22日(水)11時31分47秒
  前回の投稿から4ケ月経ってしまいました。
5月の連休明けから春の農作業に入り20日には予定通り田植えを行いました。
その時の12cm程の苗も70cmほどに育ち、地際部分の根元には「お米」を「はらむ」準備のように幅が5mm程に膨れ上がってきております。
予定では9月20日頃が稲刈りです。

さて、最近の心霊活動ですが、全く宣伝もしていないせいで余り活動はしておりません。
以前ですと多くは「木漏れ日の中から」をご覧になった方と何方か私をご存知の方からご紹介を頂いた・・・そんな方たちでした。
又、以前、予告致しました通りメールでのお話はやめて直接電話でお話をさせて頂いていることもあり、比較的短時間にお答えすることが出来てきております。
まー・・・心霊活動自体が日常的になり以前ほど興味をそそるお話でなくなったことと書店を覗いても沢山の心霊関係の書籍が並んでいることでも解る通り特別なものではなくなったのだと思います。
いずれにしても、私の所へのご相談は「心配事」ばかりですので「無いに越したことはない」と言うのが私の心情ですので「良いこと」だと思っております。

一方、現実の問題として私自身は「終活」・・・つまり自分自身の終焉活動に移行しつつあります。とは言っても、年齢相応の体力・知力の衰えは感じるものの具体的に「どこかが悪く病んでいる」ということではありませんが要は「めでたく、希望を持って人生を閉じる準備をしたい」と思い始めた次第です。
希望を持つと言うことは何かうきうきするものですね!

併せて、この田舎家も数名で共同生活が出来るようにリホームし互助生活が出来るように・・・などとも考えております。
現在、10年後には首都圏だけでも17万人のお年寄りの施設が不足するので施設が整った地方に移住すれば・・・との報告が出ていると聞いております。
「受け入れる地方」だって馬鹿ではありませんから税収を伴う施策を考えることでしょうが
東京都では「首都直下地震」の備えも必要です。

この投稿をご覧の皆様・・・・
4月から11月までを田舎で過ごし、冬の季節には現在住んでおられるところに戻るという二重生活は如何ですか?
そして地震など有事の際には里山生活で慣れ親しんだ田舎に疎開する・・という方法です。
詳しくは、改めて投稿させて頂きますね!
 

近況報告・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 3月24日(火)09時43分4秒
  3月も終盤を迎え、南の方から桜が開花したと言うニュースが聞かれ始めました。
当地、妙高では昨日から並雪(こちらでは豪雪・並雪・小雪というらしいです)が降り続き
今朝は20cmほど積もっておりました。
今回の雪が降る前に雨の日が続きましたが屋根から落ちる雨だれが軒下に積った雪に大きな穴を開けますが、その穴の周りが黄色く色づき「???」と考えておりましたがようやく判りました。

それは、飛散した「スギ花粉」だったのです。
よく見ると車の屋根も道路も、平らなところは一面黄色の花粉でびっしりでした。
都会の皆様方は花粉症になられる方が沢山おられますがこちらでは余り見かけません。
外を歩くと体中に花粉が降り注ぐのに・・・です。
そうなんです!
花粉症は空中に飛散した花粉が大気中の汚染物質と交わりながら鼻や口から体内に入り花粉症の症状を発祥するとのことで一部の方を除いては「純粋な杉花粉のみ」では体に有害と言うことではないようです。
花粉症対策として都市部周辺の杉の木が伐採されるニュースを見て違和感を感じました。

昨今、日本の南の方では偏西風に乗ってPM2.5や黄砂が花粉に混じって飛んできて被害を受けているとか・・・
一日も早く清清しい春の到来が待ち望まれますね!
 

北陸新幹線開業・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 3月16日(月)07時10分30秒
  3月14日、北陸新幹線が開通しました。
田舎暮らしをしている新潟県妙高市もその恩恵に与るところとなり八王子の自宅から田舎家まで駅-駅では2時間少々となりました(新大阪からは金沢経由で約4時間)。
料金も東京又は新大阪ー最寄り駅(上越妙高)はいずれも1万円位で身近になったと感じられます。
大阪からですと「もったいない」感じがしますが東京からですと日帰りも可能ですね。
新駅から都内へ通勤するという話もちらほら出ているとか・・・・・。

着工から開通まで30年掛かったそうです。
先人の努力に感謝一杯です。
 

ご注意・お願い・・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 2月12日(木)13時53分56秒
編集済
  最近、携帯電話の機能がUPしたせいか、或いは迷惑メール防止のためPCからのメールの受信拒否の設定をされているせいかメールでのご相談等で返信(当方はPC)が出来なくて困っているケースが目立っております。
携帯・或いは アイフォンなどで連絡を下さる場合は受信拒否を解除されるか、依頼文章に発信者様の電話番号を記入してくださるようお願い致します。
 

電話でのご相談について・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 1月22日(木)20時04分6秒
  新年が開けて、既に1ヶ月近くが経とうとしておりますが元気にお過ごしでしょうか?

年を重ねるごとに世事に疎くなるようで、昨年末にau(KDDI)でも「どこでも無料」という契約があることを知りました。
今月になって、この契約を致しましたので2月からは必要に応じて電話でもご相談をお受けすることが出来そうです。
ただ、通話の時間の問題がありますので私の携帯電話番号と併せて事前に時間のご予約を頂ければ幸いです。

明後日は東京を去って豪雪地に移動します。
降り積もった雪の処理とシェアハウスの概要を構築するのが目的です。
相変わらずインフルエンザが流行しておりますが、罹病されませんようご注意ください。
 

年頭にあたり・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2015年 1月 1日(木)11時28分20秒
  新年明けましておめでとうございます

昨年は十二月中旬の二回の豪雪で下旬には家ごと雪にラッピングされてしまいました。又、一年間、地域の「活性化プロジェクト」に参加させて頂き「移住者」の立場で発言をさせて頂く機会を得ました。私が住む矢代地区には五百世帯。二千人が居住しておりますが、その内三割は独居・老々世帯となっております。そのような背景でこれからは地区内の古民家を使用した①里山体験シェアハウス②自立互助ハウス、そして③終の棲家・・・と発展させて行くべく準備を始めたところです。就農八年の実績ですが、矢代米(コシヒカリの最上級種)も単位面積当たりの収量も他のベテラン農家に肩を並べる程で、しかも超減農薬ということで沢山の方々に喜ばれております。蕎麦も六次産業化を視野に最近では地元の道の駅でも「手打ち蕎麦の実演販売」を行っております。心霊活動は短時間に結論を得られるようご相談者にauの無料通話登録してもらい電話での相談が主となっております。三月には新幹線が開通し自宅より三キロ程度のところに新駅ができ(上越妙高駅)東京からは二時間足らずの距離となります。里山体験ならずとも、是非、最寄の温泉にでもいらした折にはお立ち寄りください。今年一年間のご健勝をお祈りいたします。(今年の年賀状より)

掲示板も8月以来、ご無沙汰してしまいました。
ご相談は従来からご来訪頂いての面談かメールで行っておりましたが、いずれも時間・経費の浪費となり、或いは時間が経つことによって霊査の緊張度を維持するのが困難なため途中からご相談者さん側で携帯電話の無料通話契約をして頂き電話で行っておりました(私の携帯はau で、月470円程で3者まで無料で通話できます。 但し、契約は電話でも可能ですが無料になるのは翌月からです)。
又、念頭のご挨拶にも書かせて頂いたように「自分の家に他人が泊まる」ことを実体験すべく声を掛けましたところ大阪からご家族で10日間、1泊でしたが四国からもおいでになり我が家にとう留して頂きました(どちらも心霊話し込み)。
シェアハウス構想は具体的になりましたら、この掲示板にも掲示させて頂きますがスタートとしては4月~11月の里山体験ステイ・12月~3月の豪雪避難シェルターを予定しております。
どうぞ、今年も宜しくお願いいたします。

追伸:全夜半から降り続いた雪が50cm程積もったため除雪をしてまいりましたため投稿が遅れてしまいました。
 

近況報告・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2014年 8月16日(土)07時05分11秒
  お盆も終盤を迎え、畑から見える高速道路の上り線が何時もになく混雑しております。
お蔭様で5月19日に終えた田植えの稲も生育結果は今のところ上々ですがが丈が多少伸びすぎの感もあり、今後の台風などが憂慮されます。
また、気候の変動に伴い従来まで問題なく生育していたトマトなどは全く不作だったり馬鈴薯も見事な大きさに生育したと思っていたのが実は大きくなるほど中に「すきま」があったりで自然現象に対する周囲の変化に驚かされます。

さて、7月末、15年ほど前に開催していた心霊教室に通われていたMさん(女性)ご一家が
休養を兼ねて妙高の田舎家を訪問され10日間近く滞在されました。
心霊教室に興味を持つこと自体が「心霊とヒーリング」に興味があればこそなのですが彼女はその後独学で「ボイスヒーリング」を習得されておりました。
ボイスヒーリングとは歌唱により聞く人の心に訴えかける技法で、最初に数人を招いての「我が家でのミニミニコンサート」が口伝えに広がり、滞在中に合計7回ものコンサートを行う結果となりました。
特に彼女のコンサートは歌唱だけでなく小型のハープを演奏しながらのもので多くの皆様方の心に響いた様子でした。

ところで、彼女が奏で歌う曲の中に震災でも沢山歌われた「ふるさと」がありました。
この曲・・・ウサギ追いしかの山・・・云々は、霊界のことを表しているとの解説がありました。 以前、そんな話を聞くともなしに聞いたことがありましたが、改めて「霊界」を意識すると正に歌詞がぴったりなことに気づきました。
そして「なだそうそう」は亡くなったお兄さんを偲んで作られたとか、アメイジンググレイスは南米のコーヒー農家での奴隷制度が横行した時代に、生涯を農園から一歩も出ることなく過ごした「奴隷」の唯一許された歌(賛美歌)だったことなどが披露され聴衆の方たちの涙を誘っていました。
中でも「なだそうそう」の時には涙を堪えきれずに声を上げて泣いていた若い女性の姿が印象的でした。

現在・・・と言っても、こんな体験から1ケ月も経っていないのですが、このMさんのボイスヒーリングとお馴染みの輪廻転生をコラボした「鎮魂・慰霊のコンサート(仮称)」のシナリオ創りに着手しました。
東日本大震災では未だに行方不明の方が数千人にも及ぶと聞いています。
有名歌手の慰問を始めとする沢山の善意のコンサートが沢山行われたようですが、今(既に遅いかも知れませんが)、被災地で必要なのは「鎮魂」、つまり、亡くなった方の魂を慰めてあげることが一番必要なのではないかと気づいたのです。

ただ、不特定多数の方が集まり、しかも、行方不明者の魂に関わる問題ですので憑依・融合などのアクシデントも考えておかなければならず、一方では著作権の問題も抱えて前途多難ではありますが少しずつ計画を進めたいと思います。
皆様方のアイデアとご協力をお願いいたします。

注:ご遺体の捜索に霊能力が使えないか・・・既に白骨化したご遺体などには「思念」が既に抜けている或いは溺れたり窒息したりなどの原因で亡くなった方々には死と同時に魂が肉体から離れているため、物質であり思念を持たない肉体を霊査することは困難であるとのことです(私の背後霊様からのメッセージ)。
 

>生霊について・・・

 投稿者:jyaguti  投稿日:2014年 7月 8日(火)19時42分6秒
  島のみかんさん、お便り拝見しました。
生霊については次のようなお話をご存知でしょうか?

満月の夜、白い布のハチマキに火のついたロウソクを縛り付け5寸釘を大木にくくりつけた藁人形に打ち込む・・・そして、人を呪わば穴二つという言葉。
私が知るところでは「生霊」は存在します。
しかし「生霊(自分の魂)を容易に飛ばすことが出来る」ようなことはありません。
上の言葉のように「穴二つ」とは、恨んで呪い殺した相手のお墓とそれを念じた本人の墓穴を表すほど究極なものなのです。

それも「恨む側の思いが霊界の判断でも正しい」と思われるような場合でなければ起こりえないと思います。
50年も取り憑いて、何をしたいのでしょうね?
ご自分で何も感じなければ無視してもよろしいのでは?
 

レンタル掲示板
/33